HOME > よくある質問

よくある質問

良い家づくりのコツは?

まず、家族の意見をまとめてください。
第一に家族とよく話し合う事が大切。
それから、どんな家に住みたいかをイメージさせましょう。
そしてテーマを決めておおまかなプランをつくりましょう。
それを、文字や絵などにして、目に見えるカタチにしておきましょう。
あるいは、雑誌や広告の写真をスクラップしておくのも良い方法でしょう  

建設会社はどのように選んだらいいの?

家づくりを依頼する場合、大きく分けて住宅メーカー、工務店、建築家になります。
建築家は設計と監理をします。
施主の想い描くイメージ、土地の形状・性質、設計の知識を駆使して思い通りの住宅づくりを行います。
また施主と工務店の間にたって円滑に家づくりを行います。
建築家に依頼する時は、同じような感覚の建築家を選ぶことが大切。
でないと建築家の個性に負けてしまう恐れがあります。
住宅メーカーは、企画化され、洗練された住宅づくりを行います。、
基本的なプランニングは住宅性能も、間取りも良く考えられており安心できるものです。
ただ、個性的な住宅を求めると、オプションの比率が多くなると割高になる場合があります。
工務店の多くは大工の棟梁が経営者となり、段取りや監理、経営等に従事しています。
工務店のメリットは地元の企業の点。
打ち合わせからアフターサービスまで、同じ工務店が行いますから長い期間にわたって行き届いたサービスが受けられます。  

注文住宅を建てるには?

まず良い建設会社との出会いが大切。新聞やチラシの見学会の案内等をチェックしたり、家を建てたことのある人に感想を聞いてみたりしましょう。
近所で建築中の家には、現場には、建設業者が明示されています。
併せて仕事ぶりや、現場の雰囲気などを観察するのもいいでしょう。
また、日本は気候風土に大きな差があり、住まいもその地域性に適したものでなくてはなりません。
風向き、風習、その意味でも、地元に根差しその土地を知り尽くしている建設会社が、住みよい住まいづくりができると言えるでしょう。  

注文住宅って高くないですか?

結論から言うと、答えはNoです。
もちろん、高いものもありますが、それは、大きな家だったり、部材にこだわったり、住宅設備が高価なものだったりする家なのです。
それは、逆に言えば安い家も可能だということです。
機能性、快適性、デザイン性等を限られた予算内でどうクリアするかという作業はプランナーの力の発揮どころといえるでしょう。  

注文住宅の良さは?

こだわりが十分発揮できることです。
間取り、仕様、材料に決まりがないので自由度100%の住まいが手に入ります。
例えば、玄関とリビングが一体の家、バンド演奏のできる家、犬と暮らす家…世界にひとつの家が実現できます。  

安い家はよくないの?

安い家=悪い家ではありません。
構造・強度はしっかりとつくりつつ、ローコストにすることは可能です。
安価な部材でも、デザイン、配置など工夫次第でセンスよく見せられるノウハウはたくさんあります。